•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

請求しょうと思っています

質問 回答受付中

請求しょうと思っています

2007/09/11 21:09

naokitch

おはつ

回答数:4

編集

会社を退職しようと決めています。
私は、現在経理の課長職に着いていますが、超過勤務が付かないとは就業時には聞いておらず現在まで支給されていません。
タイムカードのコピーを持参し、労基へ行って請求しようと思っています。支給されますでしょうか?
アドバイスよろしくお願い致します。

会社を退職しようと決めています。
私は、現在経理の課長職に着いていますが、超過勤務が付かないとは就業時には聞いておらず現在まで支給されていません。
タイムカードのコピーを持参し、労基へ行って請求しようと思っています。支給されますでしょうか?
アドバイスよろしくお願い致します。

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜4件 (全4件)
| 1 |

1. Re: 請求しょうと思っています

2007/09/12 09:15

unu

常連さん

編集

こんにちは。
課長さんということですが、管理職手当がついてますか?
もしついていたら、超過勤務手当と表裏一体の関係で
理解すべき手当なので、金額にもよりますが
超過勤務手当を請求するのは難しいのではないかと・・・

金額によるというのは、超過勤務手当が管理職手当を
相当額恒常的に上回るような状態で、超過勤務手当をケチる
ために管理職にしたんじゃないの?ってな場合を指します。

この場合には訴えによっては
請求できるんじゃないかなと思います。

こんにちは。
課長さんということですが、管理職手当がついてますか?
もしついていたら、超過勤務手当と表裏一体の関係で
理解すべき手当なので、金額にもよりますが
超過勤務手当を請求するのは難しいのではないかと・・・

金額によるというのは、超過勤務手当が管理職手当を
相当額恒常的に上回るような状態で、超過勤務手当をケチる
ために管理職にしたんじゃないの?ってな場合を指します。

この場合には訴えによっては
請求できるんじゃないかなと思います。

返信

2. Re: 請求しょうと思っています

2007/09/12 09:22

ゆ-

さらにすごい常連さん

編集

タイムカードがある時点で、残業代支給の対象であるように感じます。
確か、管理職手当=残業代免除ではなかったような。

ただ、管理職手当の規定に相応の残業手当を含むというような明記があれば、unuさんの仰るとおりだと思います。

的外れだったらごめんなさい。

タイムカードがある時点で、残業代支給の対象であるように感じます。
確か、管理職手当=残業代免除ではなかったような。

ただ、管理職手当の規定に相応の残業手当を含むというような明記があれば、unuさんの仰るとおりだと思います。

的外れだったらごめんなさい。

返信

3. Re: 請求しょうと思っています

2007/09/12 09:47

からやん

すごい常連さん

編集

おはようございます。

まず「課長」ということですが、実態として労働基準法における「管理監督者」にあたるかどうかがポイントになります。その判断基準として、

]務管理に関して経営者と一体の立場にあること
⊇仄辧退社等に関して厳格な制限を受けていないこと
その地位にふさわしい処遇、待遇がなされていること

が挙げられます。言い方は悪いですが「名ばかり課長」であれば、当然残業手当の支給対象になります。また管理職手当が支給されていても、上記判断基準に該当しなければ、管理監督者とは認められません。

また、管理職手当が明らかに「時間外手当対価分」であると賃金規程等に定められていれば、それは残業手当を支給したものと判断されるケースが多いので、残業代を請求する場合は、実残業時間分時間外手当から管理職手当を差し引いた差額分の請求となります。
ただ、実際に管理職手当は、管理職に対する処遇を厚くするために支給するのが一般的です。その成り立ちは「ご苦労さん料」「時間対価」等複合的要素が強く、その点においては不明確な手当になっている場合が多いように思います。よって時間外労働対価とみなすことは、非常に強引に思います。

今回のケースは、タイムカード記録があるので、出退勤に自身の裁量があるとは考えにくく、また管理職に対しても遅刻、早退時に賃金を減額支給している、一般社員と比べて管理職の給与に大きな差がないという事実判断をされたら、労基署は「残業手当支給」の判断をする可能性が高いと感じます。

なお、労基署に出向く前に、いま一度貴殿の上司、人事責任者に掛け合っていただきたいと思います。それでらちがあかない場合は、労基署に行くのは当然だと思います。
(既に、上司、人事責任者に掛け合った結果であれば、上記文面は無視してください)。

おはようございます。

まず「課長」ということですが、実態として労働基準法における「管理監督者」にあたるかどうかがポイントになります。その判断基準として、

労務管理に関して経営者と一体の立場にあること
⊇仄辧退社等に関して厳格な制限を受けていないこと
その地位にふさわしい処遇、待遇がなされていること

が挙げられます。言い方は悪いですが「名ばかり課長」であれば、当然残業手当の支給対象になります。また管理職手当が支給されていても、上記判断基準に該当しなければ、管理監督者とは認められません。

また、管理職手当が明らかに「時間外手当対価分」であると賃金規程等に定められていれば、それは残業手当を支給したものと判断されるケースが多いので、残業代を請求する場合は、実残業時間分時間外手当から管理職手当を差し引いた差額分の請求となります。
ただ、実際に管理職手当は、管理職に対する処遇を厚くするために支給するのが一般的です。その成り立ちは「ご苦労さん料」「時間対価」等複合的要素が強く、その点においては不明確な手当になっている場合が多いように思います。よって時間外労働対価とみなすことは、非常に強引に思います。

今回のケースは、タイムカード記録があるので、出退勤に自身の裁量があるとは考えにくく、また管理職に対しても遅刻、早退時に賃金を減額支給している、一般社員と比べて管理職の給与に大きな差がないという事実判断をされたら、労基署は「残業手当支給」の判断をする可能性が高いと感じます。

なお、労基署に出向く前に、いま一度貴殿の上司、人事責任者に掛け合っていただきたいと思います。それでらちがあかない場合は、労基署に行くのは当然だと思います。
(既に、上司、人事責任者に掛け合った結果であれば、上記文面は無視してください)。

返信

4. Re: 請求しょうと思っています

2007/09/12 12:25

PTA

すごい常連さん

編集

蛇足ながら・・・
管理職手当の内容吟味にもよりますが、
基準法上の「管理職」であっても、深夜割増は、除外できませんので、計算される際はモレなきようご注意願います。

蛇足ながら・・・
管理職手当の内容吟味にもよりますが、
基準法上の「管理職」であっても、深夜割増は、除外できませんので、計算される際はモレなきようご注意願います。

返信

1件〜4件 (全4件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています