•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

スポンサーリンク

お札の数え方

質問 回答受付中

お札の数え方

2006/10/13 00:31

momomi

おはつ

回答数:2

編集

変な質問ですが。。。

よくボーナス時期に、バッバッとお札を数えている映像を見ますが、アレってどうやってやるのでしょうか?あんな風にはできなくて、数えるのに時間かかってます。コツがあったら教えてください!お願いします!!

変な質問ですが。。。

よくボーナス時期に、バッバッとお札を数えている映像を見ますが、アレってどうやってやるのでしょうか?あんな風にはできなくて、数えるのに時間かかってます。コツがあったら教えてください!お願いします!!

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: お札の数え方

2006/10/13 08:58

hi_chan

積極参加

編集

momomiさん おはよう御座います。

私も結構苦手なんですよね...
自分で数えて銀行のATMに入れたら違ってたこともあります;;

過去ログにもありますので参考にしてみてください。

http://www.otasuke.ne.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=6638&forum=4#forumpost26024

momomiさん おはよう御座います。

私も結構苦手なんですよね...
自分で数えて銀行のATMに入れたら違ってたこともあります;;

過去ログにもありますので参考にしてみてください。

http://www.otasuke.ne.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=6638&forum=4#forumpost26024

返信

2. Re: お札の数え方

2006/10/16 08:21

konta

すごい常連さん

編集

>バッバッとお札を数えている
この音から判断するとヨコ読みですね。
ヨコ読みというのはお札を扇状に広げて数える方法です。
この数え方の動作は
第一にお札を扇形に広げること
第二に枚数を数えること
の2動作に分かれますが、それぞれにポイントがあります。

・扇形の作り方(右利きの場合)
左手で親指を手前、残りの指を向う側札束はタテで
扇が閉じた状態に構えます。親指はちょうど千円とか
漢字表示の辺りを押さえて、裏側には人差し指か中指が
きて挟んでいる状態です。裏だったらとか
上下反対だったらとかイジメないでくださいねw
左手の指の付け根とお札の短い辺が大体同一線上に
なっていますか?
次に右手をお札の長い辺側から左手にかぶせます。
ポーズ的にはバレーのレシーブするときのカンジです。
全然違うんですがイメージ、イメージw
次の動作で扇を広げます。
左手は力を入れ過ぎず、かつ札束がずれない程度に
力を入れて後は何もしません。
力を入れすぎると扇は広がりませんので注意です。
右手は裏側の4本の指で札束全体を左手前に裏面が
見える位ねじる様に倒します。
次に右手の親指で押し戻すカンジで最初の状態に戻すと
ねじれが戻るときに札束の扇が開き始めますので
このアオリという動作をきれいな扇になるまで
繰り返します。
慣れてくると両手で反動をつけて3動作くらい繰り返すと
扇形が完成します。ポイントはなるべく等間隔に
広がりすぎず一枚ずつが重ならないように
うまく広げること。
・数え方
扇は右側が下、左側が上で広がります。
目線を右上の角の部分に集中して目視で
5枚ずつ数えて、親指を5枚目と6枚目の
間に滑り込ませ下に押し落とすカンジで
右手全体の下に落とします。
本当に落とさないように左手でホールドして
頭の中で5、10、15と数えながらこの動作を繰り返します。
最後までいったらサツカンは終了です。
数え方は5枚だけでなく4枚とかその他もあるようです。
わかりましたか?

長文失礼しましたw

>バッバッとお札を数えている
この音から判断するとヨコ読みですね。
ヨコ読みというのはお札を扇状に広げて数える方法です。
この数え方の動作は
第一にお札を扇形に広げること
第二に枚数を数えること
の2動作に分かれますが、それぞれにポイントがあります。

・扇形の作り方(右利きの場合)
左手で親指を手前、残りの指を向う側札束はタテで
扇が閉じた状態に構えます。親指はちょうど千円とか
漢字表示の辺りを押さえて、裏側には人差し指か中指が
きて挟んでいる状態です。裏だったらとか
上下反対だったらとかイジメないでくださいねw
左手の指の付け根とお札の短い辺が大体同一線上に
なっていますか?
次に右手をお札の長い辺側から左手にかぶせます。
ポーズ的にはバレーのレシーブするときのカンジです。
全然違うんですがイメージ、イメージw
次の動作で扇を広げます。
左手は力を入れ過ぎず、かつ札束がずれない程度に
力を入れて後は何もしません。
力を入れすぎると扇は広がりませんので注意です。
右手は裏側の4本の指で札束全体を左手前に裏面が
見える位ねじる様に倒します。
次に右手の親指で押し戻すカンジで最初の状態に戻すと
ねじれが戻るときに札束の扇が開き始めますので
このアオリという動作をきれいな扇になるまで
繰り返します。
慣れてくると両手で反動をつけて3動作くらい繰り返すと
扇形が完成します。ポイントはなるべく等間隔に
広がりすぎず一枚ずつが重ならないように
うまく広げること。
・数え方
扇は右側が下、左側が上で広がります。
目線を右上の角の部分に集中して目視で
5枚ずつ数えて、親指を5枚目と6枚目の
間に滑り込ませ下に押し落とすカンジで
右手全体の下に落とします。
本当に落とさないように左手でホールドして
頭の中で5、10、15と数えながらこの動作を繰り返します。
最後までいったらサツカンは終了です。
数え方は5枚だけでなく4枚とかその他もあるようです。
わかりましたか?

長文失礼しましたw

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています