•  

助け合い

経理、労務、総務のことでわからないこと、利用者同士で助け合いを目的とした掲示板です。ルールを守ってご利用くださいませ。

ファブレス企業における品質管理部門コストの計上方法について

質問 回答受付中

ファブレス企業における品質管理部門コストの計上方法について

2013/06/24 09:08

Atom0615

おはつ

回答数:2

編集

製造会社の場合、品質管理部などの製造間接部門コストについて
は製造間接費として各製品に配賦され、一方経理部などのコスト
は販管費として処理されるのが一般的と思っています。
一方、商社などの売買取引のみを行っている会社の場合、購入
した調達価格が売上原価となり、間接部門のコストは全て
販管費として処理されるのが一般的と思っています。

そこでご質問なのですが、
\渋い魄兮していて自社で行っていないアップルのような
ファブレス企業や修理を専門に行っている企業などの場合、
明確に製造会社とも商社ともいえないかと思うのですが、
その場合に例えば品質管理部門のコストは売上原価として
計上するべきなのでしょうか、それとも販管費として
処理すべきなのでしょうか?
⊇ねを専門に行っている企業の場合、修理を行う部門は
直接部門になると思うのですが、その場合の修理部門長の
給与など(直接部門の間接費)は売上原価として計上する
べきなのでしょうか、それとも販管費として処理すべき
なのでしょうか?

以上宜しくお願いします。

Atom0615

製造会社の場合、品質管理部などの製造間接部門コストについて
製造間接費として各製品に配賦され、一方経理部などのコスト
は販管費として処理されるのが一般的と思っています。
一方、商社などの売買取引のみを行っている会社の場合、購入
した調達価格が売上原価となり、間接部門のコストは全て
販管費として処理されるのが一般的と思っています。

そこでご質問なのですが、
\渋い魄兮していて自社で行っていないアップルのような
ファブレス企業や修理を専門に行っている企業などの場合、
明確に製造会社とも商社ともいえないかと思うのですが、
その場合に例えば品質管理部門のコストは売上原価として
計上するべきなのでしょうか、それとも販管費として
処理すべきなのでしょうか?
⊇ねを専門に行っている企業の場合、修理を行う部門は
直接部門になると思うのですが、その場合の修理部門長の
給与など(直接部門の間接費)は売上原価として計上する
べきなのでしょうか、それとも販管費として処理すべき
なのでしょうか?

以上宜しくお願いします。

Atom0615

この質問に回答
回答一覧
並び順:
表示:
1件〜2件 (全2件)
| 1 |

1. Re: ファブレス企業における品質管理部門コストの計上方法について

2013/06/27 21:14

reiko3

常連さん

編集

お書きの件は、突き詰めると1)公表する損益計算書の売上に対応する適正な売上原価をどう考えるか、2)企業内部でコスト管理のため売上に対応するコスト管理資料をどう考えるかによって決まってくる問題と思います。

そのような視点から、考えてみますと;

\渋い魄兮していて自社で行っていないアップルのようなファブレス企業や修理を専門に行っている企業などの場合、・・・品質管理部門のコストは売上原価として計上するべきなのでしょうか、それとも販管費として処理すべきなのでしょうか?

>ファブレス企業が、製品製造を他企業にすべてまかせず、自社に品質管理部門を持ち品質管理を実施しているのであれば、そのコストは、損益計算書でも内部管理資料でも当然売上原価にすべきでしょう。(仮に、御社の品質管理が、製品納品時の検収事務程度のものであれば、販管費です。)

⊇ねを専門に行っている企業の場合、修理を行う部門は直接部門になると思うのですが、その場合の修理部門長の給与など(直接部門の間接費)は売上原価として計上するべきなのでしょうか?

>修理部門長の給与などは、修理による売上のためのコストと認識し、売上原価にすべきと思います。
修理部門にかかる各種間接費(建物の償却費、電気代など)も配賦計算によって、修理部門のコストとする企業も多いようです。

お書きの件は、突き詰めると1)公表する損益計算書の売上に対応する適正な売上原価をどう考えるか、2)企業内部でコスト管理のため売上に対応するコスト管理資料をどう考えるかによって決まってくる問題と思います。

そのような視点から、考えてみますと;

\渋い魄兮していて自社で行っていないアップルのようなファブレス企業や修理を専門に行っている企業などの場合、・・・品質管理部門のコストは売上原価として計上するべきなのでしょうか、それとも販管費として処理すべきなのでしょうか?

>ファブレス企業が、製品製造を他企業にすべてまかせず、自社に品質管理部門を持ち品質管理を実施しているのであれば、そのコストは、損益計算書でも内部管理資料でも当然売上原価にすべきでしょう。(仮に、御社の品質管理が、製品納品時の検収事務程度のものであれば、販管費です。)

⊇ねを専門に行っている企業の場合、修理を行う部門は直接部門になると思うのですが、その場合の修理部門長の給与など(直接部門の間接費)は売上原価として計上するべきなのでしょうか?

>修理部門長の給与などは、修理による売上のためのコストと認識し、売上原価にすべきと思います。
修理部門にかかる各種間接費(建物の償却費、電気代など)も配賦計算によって、修理部門のコストとする企業も多いようです。

返信

2. Re: ファブレス企業における品質管理部門コストの計上方法について

2013/06/29 12:03

Atom0615

おはつ

編集

Reiko3さん

ありがとうございます!
クリアになりました。

Reiko3さん

ありがとうございます!
クリアになりました。

返信

1件〜2件 (全2件)
| 1 |
役に立った

0人がこのQ&Aが役に立ったと投票しています