法人税法上、取引は時価評価になります。
然るに、無償で授与されたものについては、
時価を算定して、資産計上すべきと思料します。

<仕訳> 固定資産/固定資産受贈益

なお、金額基準で費用処理できるものは、
固定資産になりません。