定額法なら問題ないのですが、定率法なら一気に5%まで償却はできない場合があると思います。

例)取得価額100万円 耐用年数6年

定額法償却費 100万円×0.9×0.166(旧定額法)=149,400円
       10万円(期首簿価)−100万円×5%=50,000円
        筬◆,茲辰峠却費は50,000円

定率法償却費 
   10万円(期首簿価)×0.319(旧定率法)=31,900円
   10万円(期首簿価)−100万円×5%=50,000円
    祗◆,茲辰峠却費は31,900円

定率法の場合、あくまでも期首簿価から償却費を計算していくため過去に償却不足があっても関係ありません。