金券の管理については、二通りの方法があると思います。

1)商品券勘定を作成し、それのみで管理する。
2)現金勘定を使用し、なるべく早く使い切る。

たまのことであれば、2番がお勧めです。


ご質問の仕訳ですが、年度内であれば、
(a)現金/研修費でも、(b)現金/雑収入でも問題ないのですが、
年間の研修費を把握する必要があるのなら、(a)とするべきだと
思います。年度を跨いだ場合は、(b)です。


次に「高額な商品」は、正体がはっきりしなければ、お返事は付き
にくいと思います。
領収書なり請求書なりで、値引の代わりとして記載がなければ、
雑収入勘定が考えられます。
しかしこの処理は、各企業で対応が違うと思いますので、税理士さんに
お尋ねになるのが、間違いがないかなと思います。