教えて下さい。

会計処理において、いわゆる「妥当」もしくは「適正」とされるのは何を根拠に言われるのでしょうか?

私は、\破 ↓⊂攘取引法、2饉卷,あり、その土台に企業げ餬弩饗Гあり、これらに記載がない事項については社会通念に拠る。
ただし、い亡悗靴討呂覆鵑蕕の強制力があるわけではなく、あくまで「従わなくてはならない」という一歩引いたレベルのものに過ぎない、というように認識しています。

と、なるとい砲靴記載のない事項に関しては何を根拠に「妥当」「適正」とされるのでしょうか?
例えば、B/S上の棚卸品とするか、固定資産とするかなどを区別する際に何を根拠にするのでしょうか?かつ、その区別は日常的に管理できないとマズイのか、四半期毎の管理でよいのか。

宜しくお願いします。