振込手数料をどちらが負担するかは、最終的には相手先との交渉になるかと思います。

経理が勝手に値引処理するには問題がある場合は、営業等の製品やサービスを販売した担当者に確認するのが良いのではないでしょうか。