ran様
こんばんは。有難うございます。ご指摘の通りであります。また本件についてはグループ会社であることに難があります。当方では5社と委託契約を致しておりますが、このようなパターンはO社のみであり、原料注文依頼についても緊急が多く困っております。用途が委託品なのか先方品なのかわからないのも困っております。と云うのは製品注文書の流れが根本からおかしく、委託品は資材担当である当方には廻らず直接委託先に廻ります。委託先は注文書を確認し原材料の所要量を計算し当方に数量・納期を書いたものにて注文依頼してくる次第であります。また製品注文自体も緊急が多いらしく、製品・原料は何回分かの在庫をもっているようです。以前ある製品が突然中止となり原料デッドが発生し困ったこともありました。生産計画等デリバリーも先方にてやっており、助かっている面もありますが、それが故にやりたい放題の状況にあるようです。根本は当社がそこまで先方に依存している体質にも問題があると考えられ、先方の請求書(加工賃・倉庫料)は当方にて処理いたしますが先方の明細の通りに処理している状況です。どこの企業でも発生主義にて検収書等にて請求と擦り合わせをすると考えますが、ことグループ会社についてはチェックが甘い状況です。先日、話し合いが持たれましたが先方にて単独で原料手配するとなると単価の上昇をかなり危惧しており、「グループとして」を強調しこのまま継続してほしいようです。長々とグチをこぼしてしまいましたが、上司にお願いし製造委託契約書を確認いたします。支給原料の取り扱いについて明記されているものがあるか確認いたします。またひとつの提案にてran様もご指摘の監査を今期の期末の棚卸し時に実施したいと考えております。一度やり始めるとなかなか抜け出せない政治のからんだ案件にならないように頑張ります。
有難うございました。