2−1−11の趣旨は、
原則として1、だけれど、継続して適用するなら2、でもいいという事です。