あっ、いえいえ、科目として「家事関連費」を使用するケースは少ないような気がします。

私が書きたかったのは、仕訳に直せば、次の2パターンですね。

第一法.決算時に一括処理 (yuri8392さんが採用されている方法)

  <支出時> 地代家賃/現  金 100,000
                ・
                ・
                ・
               
  <決算時> 事業主貸/地代家賃 840,000

第二法.そのつど処理

  <支出時>      /現  金 100,000
         地代家賃/       30,000
         事業主貸/       70,000

  <決算時> 特に処理なし


第一法のメリットは、月々の処理が簡単という事で、一方、第二法のメリットは、月々の収支が分かりやすい、という感じです。