仮に商品券勘定を使用した場合

発行時
現金 / 商品券 1,000
会計上は単なる負債⇔法人税では益金(考え方が違う)
消費税では課税対象外(非課税でもないので注意)

売上時
商品券 / 売上 1,000
消費税の課税対象(仮受消費税の発生)

会計と税法で一致すれば調整不要となりますが、中には必ず一致しない項目もあります
(交際費等の損金不算入など)

もしかしたら調整不要の仕訳があるかもしれませんが、
会計上の仕訳をきって、益金と損金を調整した方が早いのかなと思ったり・・・・

仮に税務ベースだと損益計算書が歪になります。
(負債が売上になるため)


個人的には売上時どう仕訳をすればいいのか分かりません(汗