DISKY様ありがとうございます。

数量多数で、契約書の額面がかなりの金額になってますので、やはり資産計上しなければなりませんよね・・・。

dasrecht様ありがとうございます。

確かに平成元年の改正で削除されており、ネットで調べてみても、同様の理由で非課税文書扱いと記載されてるようですね。

ただ、削除された法令という理由で適用して良いものか判断できなかったので・・・。

現行の印紙税法上では不動産以外における賃貸借契約について明言されて無いような気がしたので、
「ひょっとしたら7号文書になる?」
と思ったものですから・・・。

もし7号文書に該当するなら4千円。非課税文書として扱い印紙を貼らず指摘されたら1万2千円の過怠税。会社に弁償しろ!と言われかねないのでビクビクしている次第です :-(

もう一度、印紙税法を読み直してみます。