退職所得の源泉徴収票は、源泉徴収義務者が、自ら支給した退職金について発行するものですから、他からの分については関係ありません。
だから合算しません。