4等級の差が生じるため、
いわゆる随時改定の対象になります。


蛇足ではありますが、
1等級レベルの減少であっても、
以下の条件をすべて満たす場合には月変が可能となりますので
追記させていただきます。

“鑛欷閏圓育児休業等を終了したこと
育児休業等を終了した日に3歳に満たない子を養育していること
事業主を経由して改定を申し出ること
ぐ藥休業等終了日の翌日が属する月以後3ヶ月間に受けた報酬の総額を
 その期間の月数で除して得た額を報酬月額として、
 新たな標準報酬月額に改定する。