>100を掛で売り上げたものとします
(借方)売掛金105(貸方)売上100
           仮受消費税5
これがそのまま貸し倒れた場合
(借方)貸倒損失100(貸方)売掛金105
   仮受金5
となると思います。

ここで貸し倒れる前に100%貸引を設定していたものとします
このときの仕訳が問題です



(借方)貸倒引当繰入105(貸し方)貸倒引当金105
でいいのでしょうか

この後貸倒れた場合には
(借方)貸倒引当金105(貸し方)貸し引き戻入益105
(借方)貸倒損失100(貸し方)売掛金105
   仮受消費税5

となると、戻入益105-貸倒損失100=5の利益が生じることになります。


回答:
 次のような処理になると考えます。
(1)引当金設定時
貸倒引当金繰入額/貸倒引当金 100

(2)貸倒発生時
(借方)
貸倒引当金 100
仮受消費税   5
(貸方)
売掛金   105


解説:
 売掛金105のうち、消費税相当分の5は、一般的には貸倒発生年度の消費税の申告で必ず回収できるので(貸倒時の借方に仮受消費税5が計上されます)、引当金の設定対象債権額からはずすことが合理的ではないかと思います。

  (注)1年間の取引がこの取引だけであれば、消費税5は還付されます。


>ただ、貸倒引当金の戻し入れ時に益が生じることになりますが
これは皆さんどのように勘定処理していますでしょうか

回答:
 私の回答の処理をすれば、差益は生じません。貸倒れ発生により利益が生ずる処理は、一般的には誤りだと思います。


 普通、売掛金に貸倒率を乗じて引当金の繰入額を計算していますが、ご質問のような極端なケースを考えると、一般に行われている方法は、厳密な意味では非合理ではないかと思います。

(売掛金X100÷105)x貸倒率(以下、,箸いΑ法,鳩彁擦垢戮ところを

売掛金x貸倒率(以下、△箸いΑ砲鳩彁擦靴討い襪箸いΔ海箸と思います。

上記の,鉢△隆愀犬蓮
(100÷105)x 甅◆,任△蝓

一般に使う、売掛金総額に乗ずる貸倒率(◆砲蓮↓,裡院ィ娃鞠椶箸覆襪、もともと貸倒率はそれほど精緻に計算されるものではないので、。1.05倍を見積もって貸倒率としても問題にされないということではないかと考えています。

 ところが、ご質問のような極端なケースでは、貸倒率として,任呂覆△鮖箸Δ海箸良垤舁性が表に出てくることが、差益5の原因かと考えます。
以上