個人事業ですので、償却を加減してに繰越すということは出来ませんが、開業初年度とのことですので、開業までにかかった費用を繰延資産として資産計上し5年間で償却するという方法で翌期以降に繰越することが出来ます。
(折角毎年所得控除(扶養等)があるので、もれなく使っていきましょう)


第七条  法第二条第一項第二十号 (繰延資産の意義)に規定する政令で定める費用は、個人が支出する費用(資産の取得に要した金額とされるべき費用及び前払費用を除く。)のうち次に掲げるものとする。
一  開業費(不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき事業を開始するまでの間に開業準備のために特別に支出する費用をいう。)