流動資産という意味では確かに現金・預金は
同じジャンルですねw
ただ複式簿記というのは現金・預金に始めとする
各勘定科目の帳簿を作成して、その元帳残高と
実際の現金残や預金の通帳残が合致しているのを
確認することで初めて各元帳残高の信憑性が
出てくる訳です。
現金・預金 という科目の元帳を作れば
形式上は複式簿記になりますが、実務上は
混在した状態では残高確認が困難なので
精度の高い複式簿記は出来ない
という説明ではいかがでしょうか??

決算書上は現金預金の残高は
ひとつの残にまとめる場合が多いので
その辺で誤解が生じているんじゃないでしょうか?