業務繁忙時や社内運動会等に差し入れを行うケース
などは別として、菓子折りの類の手土産は
平成18年の法改正後も交際費等の範囲から除かれません。

当然税務上の扱いは原則損金不参入の
純然たる交際費です。
勘定科目名については、
得意先への接待、贈答などに使ったお金を
これまで交際費に計上してきているのなら、
この手土産の費用も交際費として
いいのではないかと思います。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/sonota/houzin/5065/5065.pdf
(Q3をご参照ください)