DISKYさん、フォローありがとうございます。

言い足りていなかった点をずばり表現していただいたので、
とても感謝しております。

お恥ずかしい限りです。


要するに、
借入金扱いによる定期同額給与扱いが許容されるとすると、
恣意的処理が可能となり、これが税務上問題視される可能性が
あるため、税務署等への確認をお勧めしているのです。


なお、税法の運用判断者は、
税務署、国税不服審判所そして裁判所です。

ですから、仮に税理士さんに指導を仰いだとしても、
税務署等がどのように判断しそうなのかを
税理士さんの見解を伺いつつ
会社側で独自に見極めておかないと、
後日になって追徴等の問題が生じ得ます。

この点、FUMOさん、ご注意ください。


kowloonさん:
きちんと区分けをしないと問題があること、
そしてその理由は、既に記したとおりです。