ZELDAさんのおっしゃるとおりです。念のためさらに追加させてください。
ごく簡単な事例ですが、生活上の必要で預金から20万円を引き出したとします。
事業主貸/普通預金 20万円
その後、今度は事業上の必要が生じて、生活の資金から20万円を戻したとします。
この時に、ご本人にとっては無理もないことですが、「戻した」という考え方から、
普通預金/事業主貸 20万円
と仕訳されることが多いと思います。

「今年はかなり収入があったのに、なぜか預金残高がそれほどではない。」
「今年は資金が不足しがちだが、昨年と比べてどうなんだろう。」
という資金面の検討をするときに、事業主貸・事業主借の事業主勘定は大切な意味のある数字になるのが一般です。つまり、
「今年は生活上の支出が増えている」
「昨年に比べて、生活資金から事業資金への移動総額が増えている」
といったことが把握できるわけです。
ところが上の事例のように、事業主勘定の残高を消してしまう仕訳をすると、それはできなくなってしまいます。

事業主勘定はけっきょくは清算される、税金計算に関係しない勘定科目ですので、重要視されないのが一般的です。
でも資金管理を考えたときには、けっこう重要なデータになりますので、それなりに慎重な処理をお勧めします。