すっかり書き込みが遅くなってしまいました。

確かに、会計上から言えば、なるほどその通りと思います、特に親子会社間の問題ですし。
その辺の観点が私にはちょっと欠けていましたね。

ただ、個人的には、税法面からになってしまいますが、消費税の仕入税額控除の要件を考えた時、家主と親会社間で現実に賃貸借契約書があって、かつ、親会社で立替処理している場合、子会社の方は、要件を満たすためにはどうするのかな〜、という疑問も生じます。
なかなか難しい問題ですね。
まぁ、法人税法上の損益には関係しない所ではありますが。