ほぼ、バッチリ合っているのですが、一ヶ所のみ、補足させて頂きます。


>確定申告の提出義務については、所得金額の合計が所得控除額を超える場合に生じるが、生命保険料控除などの控除は確定申告することによって受けられるものなので、実際は生命保険料控除や扶養控除などの控除を受けることによって所得控除額が所得合計額を超えるような時は申告をしないといけない。

現実に、所得金額の合計が所得控除額を超えない場合は、生命保険料控除等が所得控除額の中に含まれている場合であっても、申告の義務はない事となります。

ただ、ひとたび、その控除を受けようとするならば、申告しなければ受けられないというものです。
例えば、給与の場合は、給与支払報告書の提出により、住民税が決定されますが、その中に生命保険料控除等が控除されていなければ、そのまま課税対象となりますので、申告の義務はなくても、その分の控除をきちんと受けたいのであれば、申告すべき、という事です。