「期中に変更してはいけない」というのを、
若干誤解なさっているかな、と思われましたので、追記してみますね。

「期中に変更してはいけない」というのはつまり、
翌期首に変更してもいいし、当期の期首に遡って変更してもいい、
ということです。

当期首に遡るなら、
すべての仕訳をひとつずつ反対仕訳で入れ替える方法のほか、
すべての仕訳を上書き修正する方法、
金額をまとめて一行仕訳で科目を入れ替えてしまう方法などもあります。

なお、外向けで月次決算書や中間決算書を作っている場合には、
まとめた額が小さければそれほど気を遣わずに修正してOKですが、
額が大きくなってくるようであれば、
止むを得ない理由がある場合に限って修正OKとしておくのが無難です。