現在の会社を退職する際の退職所得控除額は、
今回の給付から6年を経過していれば問題ありませんが、
5年以内に退職金の受給を受けると
今回、小規模共済の給付を受ける際に使用した勤続年数を控除した勤続年数により退職所得控除を計算するなど一定の調整が必要となります。
(所得税法施行令70.法⇔70◆
詳しくは、退職所得の受給に関する申告書の裏面を読んでみてください。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/pdf/1648_37.pdf