「高年齢求職者給付金」は「高年齢継続被保険者」が失業した場合に支給されます。

「高年齢継続被保険者」とは、65歳の誕生日の前々日から65歳の誕生日の前日以後も同一の事業主に引き続き雇用されている者を言います。受給要件や給付制限は、一般受給資格者と同じ扱いになります。
 
 一般受給資格者の基本手当に替わる給付として 「高年齢求職者給付金」が算定基礎期間1年未満で30日 1年以上で50日が支給されます。(賃金日額は、30歳未満の上限額を使います) 高年齢求職者給付金は、一時金として支給されますので失業認定日に失業の状態にあれば支給されるので翌日から就職しても返還の必要は、ありません。