>将来的には工場又は倉庫を建設する予定ではありますが、何年先になるかは不明です。

あー、なるほどです。
ご存じのように「企業会計原則」の費用収益対応の原則から、
今期の費用として計上されるものは、
基本的に今期の収益に結びつくものだけに限られます。
今回の場合、その撤去費用が売上などの収益に結びつくのは、
不明確な将来時点になるわけですから、
現在の仕訳としては、資産へ計上することになり、
例えば倉庫ができあがり、収益に貢献し始めた時点で、
撤去費用は倉庫の建築費用に含めまして、
減価償却という費用化が始まるものと思われます。

また、今回のご質問事項を別の視点から見ると、
平地化することにより土地の価値を高めるものである、
ということも考えられます。
この場合は費用を土地に含めることになりますが、
いずれにしても資産計上になると思われます。
ただし、双方の選択により、
減価償却費に差が生じることはご留意されていてくださいね。

科目としては後者の場合は「土地」ですが、
前者の場合は・・・勉強不足なのでコレとは申し上げられないのですが、
仰るような科目になるかと思います。

税務上の取扱いは、税務署へご確認くださった方が確実でしょう。
税務にも疎いため、完全なアドバイスとならないことをご容赦ください。