出金伝票の合計が25,150円で、
入金伝票が300円。
この差し引きが実際払った額の24850円になっていますよね。

半年に一度、「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」というのを
作るのですがこの経験はおありですか?
この計算書を作る際に、「税理士などの報酬」という欄があるのですが、
その欄の「支給額」に13000円、「税額」に300円と記載して、
この300円の支払義務が発生してきます。
ここで、預かり金の300円を支払って消すことになります。

今気付いたのですが引かれた税額は1300円では?