累計計算は「12月+1月」のように月々の残高を累計します。

P/L項目は累計計算することにより「一定期間」(ご質問の場合、12月から1月)の損益状況を把握することができますが、一方B/S項目は常に「一定時点」(1月末時点)の財産状況を把握することになります。

商品は毎月棚卸をして月末の在庫を把握しているようですが、この場合の期首商品は12月1日時点の商品、期末商品は1月末時点での商品というように「一定時点」の残高が表示されます。