10万円以上であれば資産計上で可能です。
但し、当然ながら、会社と貸主の個人との間で
賃貸借契約書を作成し、借主がリフォームをしても
契約終了時には元に戻す旨を謳うことが大切です。