私見が入りますことをご了承ください。

>しかし、実務上では、◆銑い里匹譴だと聞きました。
>納品時点で仕入代金の全額を買掛金として仕訳
>A以Гせ点で買掛金として仕訳
>ち以Гせ点で買掛金として仕訳し、決算期末で前渡金に振替

会計処理は会社ごとに異なる場合がありますが、一般的には◆銑い僚萢は普通に行われる処理ではないと思います(少なくとも私はやりません)。

前払い時に「前払金」もしくは「前渡金」を計上し、納品時に商品代金から「前渡金(あるいは前払金)」分を引いた金額で買掛金を計上するのが一般的だと思います。すなわち記入例,了徒が一般的ということになるのではないでしょうか。


<記入例>代金10万円(前払1万円、残額を掛払い)

■記入例 通常の仕訳
(前払時)
前渡金1万円/現金1万円
(納品時)
仕入10万円/前渡金1万円
ーーー  /買掛金9万円
(支払時)
買掛金9万円/現金9万円

よって質問1、2、3ともに私的には回答不能(2の「なぜ?」と言われても困りますし、3もこれが実務上普通の処理とは思えませんから・・・)ということでご了承ください。