業種・職種にもよりますよね。

接客業やセールスマンであれば清潔感のある服装や髪形が求められますから就業規則にその旨を記載しても構わないと思いますが、そうでなければ余り規則で縛り付けるのはいかがなものかと思いますよ。

就業規則の記載についても「髪形はこうでなければならない」とか「こんな髪型は駄目」というところまではなかなか記載しにくいのではないでしょうか。せいぜい「社員として品位のある服装・髪形でなければならない」などの抽象的な文章になるでしょう。

また懲戒や減給処分は就業規則(懲戒規定)に基づいて行うことになりますが、いきなり減給や懲戒は無理でしょう。最初は口頭注意、次は文書による注意など順を追って行い、それらをきちんと記録しておくことが重要です。注意をしても改善されない場合につぎの段階に移行し、最終的に責任者の判断によって懲戒を行うか、懲戒委員会を開催するような規定があればそれに従うことになります。いずれの場合でも会社側の一方的な懲戒ではなく必ず本人の弁解を訊いて判断することが重要です。