返信ありがとうございます。

税理士には相談しようと思っているのですが、単に節税というよりは原理・原則についてもう少しちゃんと理解したいと思っていまして、こうして質問させていただいております。
細かく説明していただいて大変理解が進み、助かっております。


で、申し訳ないのですが、消費税についてちょっとわけがわからなくなってきてしまいました。
当方は家賃収入が年間1000万を超えるような大規模事業では無いので、免税事業者である認識です。

その場合、色々な文献で大家=最終消費者であるという考え方であると読みました。
収入のすべては住宅用の家賃なので非課税とすると、例に挙げていただいたような経費、そして購入時の消費税はどのように扱えばいいのかがよくわかりません。

.魯Ε好リーニング等の経費の消費税は、最終消費者であるが故に消費税も経費として扱ってよいものでしょうか。
※これについては、逆に、消費税課税制度を選択した場合、支払った消費税は家賃収入で消費税を得ていない以上、還付されるべきというような考え方になるのではないかと想定しております。


▲泪鵐轡腑鷙愼時の土地・建物の消費税はどのように扱うべきなのでしょうか。
仮に消費税を含まないとすると、借入金との数字が合わず。かといって消費税課税制度を選択したとしても仮払消費税になるとは考えづらく・・・・。


家賃収入が消費税対象であれば、すべての出と入の消費税を借受、仮払消費税にすればよいというイメージはつくのですが、家賃が消費税非課税の為、つじつまが合わなくなってしまって混乱しています。

よろしくお願いいたします。