信用保証協会に対する保証料の処理方法に、2通りあります。
 〃延資産として処理する方法
 長期前払費用として処理する方法
融資を中途解約した場合に保証料が戻る特約がある場合には、
△諒法(決算毎に返戻保証料を調べ費用化)、
戻る特約が無い場合には,諒法(月数按分で費用化)。
また、継続適用を条件にすべて,諒法も認められます。

信用保証料が戻るかどうか不明の場合には、
,諒法でやった方が安全となるので、
結果繰延資産でするから、これから償却するにしても、
その融資が残っているうちは、毎期1年分しか償却できないことになります。