個人事業においては、事業用に使っている口座の利息でも、事業によるものとはされません。事業主個人の利息受取分を事業用の口座に入金したとみなすので、事業主からお金を借りた扱いにします。つまり、

普通預金/事業主借

の仕訳になりますね。定期性預金であっても同様です。

わかりづらい、毎度の処理がめんどくさい、ということであれば、今後は利息のつかない口座タイプに変更しておく手もありますね。ただし、残高が大きい場合は利息がつかなくなって勿体ないので、適宜処理する必要がありますね。事業内容やお金の動き方次第ですね。