m.jaguar

おはつ

回答数:0

編集

お世話になります

離れて暮らす兄が賃借して喫茶店を経営していたのですが
この度、兄が他界し、その店の賃借権(敷金500万アリ)を相続しました

生活圏が離れており、喫茶店経営はするつもりが無かったのですが
兄の内縁の妻が、喫茶店経営を続けたいと言ってきたので
賃借権を譲渡する事を検討しております
(賃借権を譲ることができるなら敷金返還請求権も一緒に譲渡するつもりです)

この場合、課税関係は生じるのでしょうか?

敷金相当を譲渡したと考えるのか?
それとも賃借権相当額を別に評価する方法があり、それで譲渡したと考えるのか?
はたまた、課税関係などハナから生じないのか?

皆さんのお知恵を拝借できれば助かります

お世話になります

離れて暮らす兄が賃借して喫茶店を経営していたのですが
この度、兄が他界し、その店の賃借権(敷金500万アリ)を相続しました

生活圏が離れており、喫茶店経営はするつもりが無かったのですが
兄の内縁の妻が、喫茶店経営を続けたいと言ってきたので
賃借権を譲渡する事を検討しております
(賃借権を譲ることができるなら敷金返還請求権も一緒に譲渡するつもりです)

この場合、課税関係は生じるのでしょうか?

敷金相当を譲渡したと考えるのか?
それとも賃借権相当額を別に評価する方法があり、それで譲渡したと考えるのか?
はたまた、課税関係などハナから生じないのか?

皆さんのお知恵を拝借できれば助かります